ハンターハンター 念能力の修行方法を徹底解説!!

ハンターハンターの肝となる念能力を徹底解説します!!

基本となる4大行があり、その応用が7つあります。

4大行から解説していきます。

目次

4大行の修行方法

念 4大行

精孔を開けてオーラのめぐりをよくする

まず、全身にある精孔(しょうこう)を開けてオーラのめぐりをよくします。

これにはゆっくり開いていくのとムリヤリ開くのと2つやり方があります。

ゆっくり開くには、天性の才能を持つズシで3ヶ月かかりました。

ムリヤリ開くには念能力者による助けが必要です。
ゴンとキルアはウイングの指導のもと精孔をムリヤリ開きました。

精孔を開いたら四大行へいきます。

纏から始めるのが自然でしょう。

纏(てん)

オーラの精孔を開いたら次に纏を覚える必要があります。

纏は垂れ流しになっているオーラを体にとどめる技術です。

オーラが血液のように全身をめぐるのを想像するのがコツです。

纏を行うことで相手の念攻撃に少し耐性を持つことができます。

また若さを保つ効果もあります。

絶(ぜつ)

絶はオーラを絶つ技術。

精孔を閉じオーラを絶つことで自らの気配を消すことができます。

その反面、無防備な状態になってしまいます。

極度の疲労を癒す効果もあります。

ゴンは教わる前からできていました。

練(れん)

練は、通常時よりも多くのオーラをねりだす技術。

体内にエネルギーをため、細胞の1つ1つからエネルギーを集め一気に解放するのが練のやり方です。

発(はつ)

オーラを自在に操る技術、念能力の集大成。

発は6つの系統にわけることができます。

強化系:ものの働きや力を強くする。
放出系:オーラを飛ばす。
操作系:ものや生物を操る。
変化系:オーラの性質を変える。
具現化系:オーラを物体化する。
特質系:他の系統に属さないオーラ。

水見式で自分が属している系統を見分けることができます。

7つの応用技術

多くの応用技術は四大行を複合させたり応用したもの。

応用技術なので四大行よりもオーラ消費が激しいものが多いです。

凝(ぎょう)

凝はオーラを体の一部に集める技術のこと。

目に集中することで「隠」を見破ることができます。

硬(こう)

纏、絶、練、凝を複合した応用技。

体中のオーラを体の一部に集める技術。

オーラを集めた部分の攻防力は非常に高くなる反面、その他の部分の攻防力は非常に低くなります。

硬のやり方は以下の通りです。

  1. オーラを増強 (練)
  2. 体の一部にオーラを集中 (凝)
  3. オーラを集中している以外の部分のオーラを絶つ (絶)
  4. 逃げようとするオーラをとどめる (纏)

ゴンの必殺技は硬。

フェイタンがキメラアントと戦ったときも硬を使っています。

堅(けん)

纏と練の応用技。

通常よりもはるかに多いオーラを体にまとい防御力を高めます。

流(りゅう)

流とは凝を使い攻防力を素早く移動させること。

レイザーによると、念の戦闘においてオーラの攻防力移動は基本であり奥義、経験とセンスがこれほど要求される技術はないとのこと。

才能あふれるゴンとキルアであっても全力の動きに「流」をおこなうには2ヶ月かかるとビスケは予想しており、流の習得の難しさがわかります。

円(えん)

円は、纏と練の応用技術です。

通常、体の周囲の数ミリから数cmをまとっているオーラを必要な感覚まで広げ
円の範囲内の物の形や動きを察知できます。

円の使用者は以下の通り
ノブナガ           半径4m
カイト            半径45m
バビマイナ          王子の部屋全体に広がるくらい
ゼノ             半径300m
ピトー            2km
ププ             不明
メルエム           1kmくらい?
キーニ(カチョウ王子警護兵) 不明

隠(いん)

隠はオーラを見えにくくする絶の応用技術。

絶と隠の違いは、絶はオーラを絶っているが隠は見えにくくするだけで実際にはオーラがあることです。

凝をすることで隠を見破ることができます。

周(しゅう)

纏の応用技。

モノを自身のオーラでまとうことで、そのモノの機能を強化することができます。

作中では、ゴンとキルアが周でシャベルをオーラでまとい、シャベルの掘る力を強化しました。

纏と比べるとオーラの消費量がかなり大きい。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる